手部周辺の違和感や痛み

手部周辺の主な症例

ドケルバン病

手首の親指側に腫れと痛みが生じます。
親指にいくつかの腱がついていますが、そのうちの二本が手首の親指側にある腱のトンネルの部分で、すれてはれ上がり、腱の動きがスムーズでなくなります。

ガングリオン

関節の周辺に、米粒大からピンポン玉くらいまでのできものができます。手を使いすぎるとできものは大きくなることがあります。手首の甲にできる事が多く、軟らかいものから硬いものまであります。不快感があり、多くの場合強い痛みはありませんが、神経が庄追されると痛みが出ることもあります。

舟状骨骨折(しゅうじょうこつこっせつ)

けがの直後では、手首の親指側に痛みと腫れが生じます。時間とともに軽快しますが、放置していると骨折部がつかずに偽関節となリます。手をついたり重い物を持った時などに手首に痛みが生じ、力が入らなくなり、動きも悪くなってきます。

屈筋腱損傷(くっきんけんそんしょう)

指を曲げる腱(屈筋腱) が切れると指は曲がらなくなります。
指の血管や神経も同時に切れることも少なくありません。

キーンベック病

手を使った後、手首に痛みと腫脹が起こります。
握力が低下し手首の動きが悪くなります。


橈骨遠位端骨折(とうこついたんこっせつ)

手をついたあと手首に強い痛みがあり、短時間のうちにはれてきます。時に、変形がみられて指に力が入らず、十分に握ることができません。骨折部は不安定で反対側の手で支える必要があります。
よく見られる変形は横から見た場合に、フォークを伏せているような形になるのでフォーク状変形と呼ばれます。

三角線維軟骨複合体損傷(さんかくせんいなんこつふくごうたいそんしょう)

腕を捻ったり手首を小指側に曲げた時に、手首の小指側に痛みが出現します。通常、安静時痛はありません。 ドアのノブを捻る時や、鍋などを持ち上げる時などにも痛みが出ます。

page-top