首周辺の違和感や痛み

首周辺の主な症例

変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう)

一般的に肩こりを呼ばれるものは、主に首すじ、首のつけ根から、肩または背中にかけて張った、凝った、痛いなどの感じがし、頭痛や吐き気を伴うことがあります。
ですがそもそも「肩こり」という病気・症例はありません。痛みがあるのであれば、その箇所、もしくは周辺の筋肉が痛んでいることが考えられます。
異変には必ず原因がありますから、少しでも異変を感じたら、病院もしくは接骨院で受診することをお勧め致します。

五十肩(=四十肩、肩関節周囲炎、癒着性関節包炎)

首の病気の中で最も多く、特に中高年に多い病気です。初期症状としては、肩こりや背中の痛みがあります。特に肩甲骨のあたりが痛むケースが多くあります。
骨棘のでき方により、痛む場所が変わって来ますので、中には背中の両側が痛んだり、片側だけが傷んだりすることもあります。後頭部に鈍痛を覚える人もいます。
症状が進行していくと、手足がしびれてきます。手の動きが制限され、ボタンをうまく止められなかったり、箸でこまかいものをつかめなくなったりしてきます。

頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんへるにあ)

首の後ろ側が動かせなくなる、背中が痛む、左右の腕が痛む、しびれる、脱力感がある、手足にマヒがあらわれるなどの症状が起きます。髄核が後方中央に大きく出たときは、胸から腕と、足先から太ももにしびれ感、マヒが生じることがあります。
そのため、階段の上り下りによろけたりするなどの歩行障害が起こります。

頚椎脊柱管狭窄症(けいついせきちゅうかんきょうさくしょう)

首の後ろ側が動かせなくなる、背中が痛む、左右の腕が痛む、しびれる、脱力感がある、手足にマヒがあらわれるなどの症状が起きます。髄核が後方中央に大きく出たときは、胸から腕と、足先から太ももにしびれ感、マヒが生じることがあります。
そのため、階段の上り下りによろけたりするなどの歩行障害が起こります。

むち打ち症

自動車に乗っていて停車中に後ろから追突されたときなどに、首がムチのように激しく振られ、その衝撃で頚椎が損傷する病気です。
むち打ち症は程度によりますが、最悪の場合は即死することもあります。
症状は主に首の痛み、肩の痛み、背中の痛み、腕の痛み、頭痛などです。
頚部の損傷の状態により4つの型があります。
 
捻挫型
むち打ち症で最も多く、頚椎の間接が捻挫を起こしたものです。首や肩が痛みます。
 
神経根型
首がおおきくしなったときに頚椎の中を通っている神経が引っ張られて損傷するタイプです。顔面が痛んだり、腕に知覚麻痺があらわれます。
 
脊髄型
脊髄が損傷して、足のしびれ、歩行困難、排尿排便障害が起こります。
 
バレ・リーウ型
交感神経が損傷し、頭痛、めまい、視力障害などを起こします。

パソコン病

身体的なものとしては、肩こりや背中の痛み、眼精疲労、腱鞘炎などが上げられます。精神的なものでは、気分が落ち込んだり、軽いうつ病を覚えたりさまざまです。なかでも多いのが肩こりや頭痛、背中や肩甲骨の痛み、手の軽い違和感、頭や腕、背中の重々しい感じの痛みです。
ディスプレイを長時間見続けることによって、首に負担がかかりこうしたした症状がでます。たいしたことはないと、たかをくくっていると、椎間板ヘルニアや変形性頚椎症を引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

頚椎後縦靭帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこっかしょう)

頚椎の前後には前縦靭帯と後縦靭帯があります。この2つの靭帯は首をサポートする役目をしています。頚椎後縦靭帯骨化症とは、後縦靭帯がかたくなって骨化して、それが神経根や脊髄を圧迫し、手足のしびれなどの痛みを引き起こす病気です。
後縦靭帯が骨化する原因は不明ですが、首の上下動でかかる負担や加齢が一因となっていると考えられます。日本人には多くみられ、糖尿病や肥満体型の人にも多い傾向があります。
後縦靭帯の骨化の具合により、顕著に症状がでる場合と、無症状の場合があります。手足のしびれや肩こり、背中や肩甲骨の痛みなどが生じます。

頚肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)

肩甲骨の周囲、特に僧帽筋の外側から前腕にかけての筋肉のしこりと痛みがあらわれます。
また、首、肩、腕、手指にかけて痛みやだるさ、冷感、力がぬけるなどの症状がでることがあります。これらのほか、頭痛やめまい、吐き気、眼精疲労、指の運動障害などの自覚症状があらわれる場合もあります。

page-top