肩周辺の違和感や痛み

肩周辺の主な症例

肩こり

一般的に肩こりを呼ばれるものは、主に首すじ、首のつけ根から、肩または背中にかけて張った、凝った、痛いなどの感じがし、頭痛や吐き気を伴うことがあります。
ですがそもそも「肩こり」という病気・症例はありません。痛みがあるのであれば、その箇所、もしくは周辺の筋肉が痛んでいることが考えられます。
異変には必ず原因がありますから、少しでも異変を感じたら、病院もしくは接骨院で受診することをお勧め致します。

五十肩(=四十肩、肩関節周囲炎、癒着性関節包炎)

加齢による腱板、上腕二頭筋長頭腱など退行変性から肩峰下包や肩関節に炎症性病変し、肩関節が収縮し運動制限が起きるのではと考えられています。
自然治癒する傾向が強く、好発は40~60代くらいからです。
運動制限(結髪、結帯動作制限)通常、1年~1年半で日常生活に支障がなくなります。

肩腱板断裂(かたけんばんだんれつ)

40歳以上の男性(男62%、女38%)、右肩に好発します。発症年齢のピークは60代です。
肩の運動障害・運動痛・夜間痛を訴えますが、夜間痛で睡眠がとれないことが受診する一番の理由です。運動痛はありますが、多くの患者さんは肩の挙上は可能です。
五十肩と違うのところは、拘縮、すなわち関節の動きが固くなることが少ないことです。
他には、挙上するときに力が入らない、挙上するときに肩の前上面でジョリジョリという軋轢音がするという訴えもあります。

野球肩

繰り返しの投球動作が主な原因。
肩の筋肉、腱、腱板、関節包の障害

リトルリーガーズ・ショルダー

過度の投げ込みによる、利き腕の上腕骨骨端線の離開


page-top